口臭撃退マニュアル  7日間口臭改善プログラム  27の魔法のテクニック

口がくさいと思い込む人

■ 自分の口はくさいと思い込み、悩んでしまった女性の話です。

30歳の会社員の方ですが、身なりもきちんとしていて口の臭いもありません。
あるとき、会社で周りの人達が自分を見てコソコソ話をしているのを目撃しました。
その話が自分の口の臭いに関する話だと勘違いして思い込んでしまったのです。

その思い込みのせいで、会社の人とハキハキ会話することができなくなりました。
暗い会社生活を送っていたそうです。

しかし、あるとき会社に持っていくカバンを変えた途端に周りの反応が変わりました。
この女性は変な柄のカバンを使っていたので、周りの人はその鞄について
話をしていたそうです。

思い込みって怖いですね。

「口がくさい」と自分で思い込んでしまったら、その勘違いを正す理由を探して
納得させなければなりません。
勘違いだとおしえるのも治療方法の一つなのです。

他人に指摘されてしまうと誰かと話すのが怖くなってしまう場合があります。
自分の生活に悪影響が出てしまうほど悩んでしまうより、病院に行って
診断を受けましょう。
病院で安心をもらった方が楽になります。

しかし、医者に「あなたの口は臭いませんよ」と言われても受け入れにくい
場合もあります。
他人に「口が臭い」と言われた経験があると、診断を受け入れることが
難しいでしょう。
ですから、勘違いだということをおしえるのは大切です。

「自分の口はくさい」と思い込んでいる人は、けっこう多いのです。
もっと知りたいなら⇒健康ブログランキング



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。