口臭撃退マニュアル  7日間口臭改善プログラム  27の魔法のテクニック

口臭加齢臭とは?

口臭加齢臭を気にして悩む人が増えています。
年齢を重ねることで発生する口の臭いを『口臭加齢臭』といいます。
別名『エイジングノート』とも呼ばれています。

加齢臭には、体臭、足の臭い、口の臭いまで含まれます。

加齢臭の始まったおじさんの努力は、ものすごくひたむきです。
子どもや部下に嫌われないように一生懸命なのです。
お風呂でキレイに体を洗い歯磨きを一生懸命していても、口をきくと
イヤな顔されたり…、遠ざかられたり…、下を向かれたり…。

そんな状況は悲しすぎますよね。
口の臭いケアについてご紹介しましょう。


■ 加齢からくる口臭対策 ■

口の臭いが気になりだすと、しきりに歯磨きをして解決しようと
しがちです。
しかし問題の解決は、歯磨きではないのです。

加齢からくる口の臭いの原因は腸内にあります。
腸内に潜んでいる細菌の善玉菌を増やし、悪臭の元となるガスを発生
させないように抑えることが必要です。
そうすれば臭い撃退が可能になってきます。

歯磨きももちろん大切ですが、まずは腸内から磨いて、臭いの元を断つ
ように心がけましょう。

臭い予防のために、乳酸菌やオリゴ糖などの食品を摂取して善玉菌を
増やしましょう。
ヨーグルト、納豆、ゴボウ、バナナ、大豆製品などが有効です。
これらの食品は臭いの元を抑えることができるのです。

加齢臭退治に挑んで、気持ちよいおじさんライフを満喫しましょう。





口臭豆知識

■ 遺伝

「口臭は子どもに遺伝するのか?」
そんな不安をお持ちの方は、かなりいます。

自分の父親がかなりくさいので、自分にも遺伝していて臭いがするのではないか
と思ったりします。

しかし、安心してください。
口臭は遺伝しません。

食生活や口内の衛生状態によって起こるものですから、遺伝とは関係ありません。


■ お茶

お茶に含まれているカテキンという成分は口の中を殺菌してくれます。
ですから、お茶を飲むと臭いを消す効果があるのはよく知られています。

しかし「お茶を飲みすぎると逆に口が臭ってしまう」ということは知られていません。

お茶には殺菌効果があるために、飲みすぎると身体の組織にも害を及ぼします。
そして興奮状態になります。

人間は興奮すると、副交感神経に影響が出て正常に唾液を出さないように指令を出して
しまいます。
唾液の量が減ると、口の臭いが発生してしまいます。

ですからお茶の飲みすぎには注意しましょう。


■ 自覚

口の臭いは、自分では感じない人もいますね。
これは嗅覚の特徴によるものです。

一定のレベルの臭いを連続的にかいでいると、臭覚は麻痺してしまうのです。
そのためにおいが分からなくなってしまいます。

例えば、香水をつけ始めたときには少量でも匂いを感じるのですが、時間が経つと
香水の香りを感じなくなってつけすぎてしまいます。

ですから自分の臭いに慣れてしまって口がくさいことに気付かない人が多いのです。
もっと知りたいなら⇒健康ブログランキング



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。