口臭撃退マニュアル  7日間口臭改善プログラム  27の魔法のテクニック

口が魚臭い

口臭に悩んでいる人はたくさんいます。
しかし、病院に行って実際に治療をする人はほんのわずかです。

「口の臭いで病院に行くのは恥ずかしい」と思っている人が多いのです。
臭いを治療するために病院に行くということは、とても勇気がいることです。

しかし、放っておいたらいつまでたっても治りません。
勇気を出して病院に行き、口臭治療を受けましょう。


口の臭いで悩んでいる人の経験をご紹介します。

23歳の女性の話です。
彼女は家族や友達から「口が魚臭い」と言われました。
その後とても気になってしまいました。
誰と話すにも「自分は魚臭い」と思い込んでしまって、以前のように話すことが
できなくなりました。

病院に行って治療してもらおうと診てもらったら「口の臭いはありません」
と言われました。
しかし、本人は臭いがあるものと思い込んでいるので、ただ「口臭はない」
と言われても納得できません。

きちんとした証拠を出してもらい、納得させてもらう必要があります。

例えば、1週間ほど魚ばかり食べた上で臭いがあるかを調べてもらったり
染色テストをしたりして、本人が納得できる検査結果を出してもらいましょう。


他人から「臭い」と言われてしまったのですから、病院で「臭くない」
と言われても納得できないものです。
このような精神的な問題の場合には、本人が納得して思い込みが解除されれば解決します。
もっと知りたいなら⇒健康ブログランキング



タグ:病院 治療 悩み

口臭で悩む若者

■ 口臭は遺伝だ、と思い込んでしまった人の話です。

20歳のこの男性は口腔内に汚れがあり、たまに口臭の出る場合もありました。
早めに病院に行って治療をしていればひどくはならなかったかもしれません。
しかし病院にも行かずに、ただただ悩むようになりました。

不安がエスカレートしてきて「口が臭うのは親のせいだ」と考えるように
なりました。
「臭いのせいで社会生活がうまくいかない」「人との会話がやりづらくなった」
と親を責め立てて家庭内暴力にまで発展しました。

これは完全に間違いです。
口の臭いというものは、口腔内を不潔にしていることでおこるものです。
決して遺伝では発生しないので勘違いしないようにしましょう。


■ 口臭に悩む女子高校生の話です。

思春期のこの女子生徒は、学校で男子生徒と話をしているときに
「口が臭い」と指摘されました。
このことがもとで登校拒否ぎみになってしまったそうです。

学校に行っても常に口元にハンカチをあてた状態で会話をしていました。
授業中にもハンカチを口にあてていたり、一日中顔を隠して過ごすように
なりました。

彼女のその様子がおかしいと思った周りの生徒は、彼女をいじめの対象と
しました。

不安を不安のままにしておくと、良いことは何もありません。
こうなる前に、治療のために病院に行くことをおススメします。
恥ずかしいと思うかもしれませんが、勇気を出してください。

治療をすることで不安も解消され、よりよい生活が送れるようになります。
もっと知りたいなら⇒健康ブログランキング




口がくさいと思い込む人

■ 自分の口はくさいと思い込み、悩んでしまった女性の話です。

30歳の会社員の方ですが、身なりもきちんとしていて口の臭いもありません。
あるとき、会社で周りの人達が自分を見てコソコソ話をしているのを目撃しました。
その話が自分の口の臭いに関する話だと勘違いして思い込んでしまったのです。

その思い込みのせいで、会社の人とハキハキ会話することができなくなりました。
暗い会社生活を送っていたそうです。

しかし、あるとき会社に持っていくカバンを変えた途端に周りの反応が変わりました。
この女性は変な柄のカバンを使っていたので、周りの人はその鞄について
話をしていたそうです。

思い込みって怖いですね。

「口がくさい」と自分で思い込んでしまったら、その勘違いを正す理由を探して
納得させなければなりません。
勘違いだとおしえるのも治療方法の一つなのです。

他人に指摘されてしまうと誰かと話すのが怖くなってしまう場合があります。
自分の生活に悪影響が出てしまうほど悩んでしまうより、病院に行って
診断を受けましょう。
病院で安心をもらった方が楽になります。

しかし、医者に「あなたの口は臭いませんよ」と言われても受け入れにくい
場合もあります。
他人に「口が臭い」と言われた経験があると、診断を受け入れることが
難しいでしょう。
ですから、勘違いだということをおしえるのは大切です。

「自分の口はくさい」と思い込んでいる人は、けっこう多いのです。
もっと知りたいなら⇒健康ブログランキング




口の臭いが人間関係を左右する

口の臭いというものは、人間関係に大きく影響してくるものです。
臭いが原因で人が自分から離れていって、仕事や友達を失うこともあるかもしれません。

誰かと話すということは、人と人との最大のコミュニケーションですね。
臭いのためにそのコミュニケーションが取れなくなってしまうと、大変な事になります。

口の臭いは、自分ではなかなか気付きにくいものです。
他人から指摘されて深く傷つき、初めて気付くということになります。

学校や職場では、臭いが原因でいじめられる場合もあります。
口の臭いを気にしてしまうと、会話をすることが自然と少なくなって、口を開けて笑えなくなったりしますね。
そういう暗い態度だと更にいじめがエスカレートしがちです。

このように『口臭』というものは、人間関係に大いに影響を与えるものなのです。

人と接する機会が多い職業の場合には、特に気を使っている人が多いようです。
コンパニオン、スチュワーデス、芸能人の方たちは、病院での治療だけではなく
あらゆる予防グッズを利用しています。

口の臭いに気付いたら、まずは病院に行ってみましょう。
原因を探ってもらい、治療をすることから始めてみてはいかがでしょうか。

臭いを完治させると、自信を持ってよりよい人間関係を築けます。
もっと知りたいなら⇒健康ブログランキング



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。